日刊けんけん その1

初回なので少し長くなりますがどうかご容赦を。
ブログでも今回の地震について報告を致しましたが、改めて被災者の方々をはじめとした皆様にお悔やみを申し上げるとともに、一日も早く人命救助活動が完了し、復旧作業が始まることを切に願っています。
この度、日刊を始めることにしました。ブログよりも手軽に、Twitter、Facebookよりもまとまった記録、発信ができると考えたからです。ごりゅごさんの記事が最初のきっかけでした。(http://cyblog.jp/modules/weblogs/6033)

では本題に入ります。

実家に帰りついてから1日が経過しました(詳しくはブログにて)が、とても落ち着いて過ごせるものではなくTwitter、Skype、TVと、情報媒体とにらめっこの1日となりました。地震から3日目となっても今回の地震の全貌が明らかにならず、人命救助ゆえそれも致し方ないとは思いましたが、自衛隊の投入人数をもっと始めからたくさん投入すべきだったとの父の言葉を聞いて、今回の地震がいかに大きく、また想定外のものであったかということを思わずにはいられませんでした。

日が変わったので今日の事になりますが、私のいる地域は第1グループに振り分けられ、朝6:20~10:00まで1回目の停電がある予定です。たぶん私は寝ているかもしれませんが、両親は冷凍食品の心配をしていました。ろうそくや懐中電灯の準備。これも被災地域の方に比べたら取るに足らぬことなのでしょうね。

このあたりでタイピングを休めようと思います。では