[Evernote活用術]Yahoo Pipes V2対策 Blogtrottrを使ったRSSフィード→Evernoteのノート作成術

さて以前こんなエントリーを書きました。初見の方はこれを読んでから先へお進みください。
とんでもなく参考になりすぎるEvernote使用例 〜@knk_nのYahoo Pipesを使ったノート作成術〜



このエントリーはいまだに超えられないほどのはてブを稼いでしまったもので、割と多くの方の役に立ったんじゃないかと今でも自慢の一作。
そのせいもあり、最近こんなツイートをいただきました。

まず匠ではないことにツッコんでおこうか。
上記エントリーでも活躍したYahoo Pipesですが8/1にV2に全面移行したというのはずいぶん前から知っていたものの「デザインちょっと変わったかな」くらいの浅い見方でした。
Bookmarkletづくりに尽力してくださっている@hiro45jpさんや@feelingplaceさんの苦労を身近に見知っていたというのに…
情けないことです。
それに比べたら以前書いたエントリーをV2移行バージョンで書き直すのは大した苦労になりません。
では前置きが長くなりましたがはじめたいと思います。
タイトルは以前の寄稿からフレーズを少しいただき「RSSフィード→Evernoteのノート作成術」で。

Yahoo Pipes→Blogtrottrの流れがスムーズじゃない…

はじめにも書いたとおり以前のエントリーで使用したYahoo Pipesですが2011年8月1日に全パイプがV2に移行されました。
さて、前に書いたエントリーの内容をざっとまとめると
「RSSフィード→Yahoo Pipes V1(タイトルいじる)→Blogtrottr→Evernote」
といった感じですね。
しかし、V2に変わってからデザインの変更と共にある変化が。
もういちど@Surf_Fishさんのツイートを見てみましょう。

Your Daily digest for Hb
これのことのようです。V2になってからはその日のRSSフィードをまとめてEvernoteに送るようになってしまったようです。
念の為にYahoo Pipes V2で新しくパイプを作り、上記エントリーの方法でBlogtrottrに使ったところ
Skitched 20110807 191833
「Realtime」など送信のパターンが選べるようになっていました。さっき例で見せたノートタイトルから考えるに、「Daily digest」に自動設定されていたようです。それならば日毎にまとまってしまうのも納得。
それなら新しく作った方は「Realtime」にすればうまくいくだろうと思い試したところ
Free realtime RSS and Atom feed to email service Get your favourite blogs feeds and news delivered to your inbox 1 2
このような表示が。
ざっと読むに「Yahoo PipesのドメインでのRSSフィードはDaily Digestしかムリですよ、奥さん」と書いてあるようです。
この警告はYahoo Pipesを使って簡単にノート作成をするという以前のエントリーを根底から覆すことでした。
しかし、それでもなんとかならないものか。
救いの手はすぐそこにあった。

デザイン変更だけじゃない「Blogtrottr Beta」

デザイン変更があっただけだと思っていた「Blogtrottr」。
このエントリーを見てその機能に驚いた。
[WEB] Blogtrottrが大幅仕様変更で便利になってるよ! – otiham.com
なんと「タイトルの変更」までできるようになっていたようです。
そのためにはまずBlogtrottrにアカウント登録する必要があります。
たしかに
Free realtime RSS and Atom feed to email service Get your favourite blogs feeds and news delivered to your inbox 2
以前はなかった「Signup」や「Login」がありますね。
では新生Blogtrottr登録からノート作成までの流れを簡単に紹介しましょう。

Blogtrottr登録からノート作成までの流れ

Sign up 2
Blogtrottrの「Signup」でメールアドレスとパスワードの入力をします。
ここで大きな注意は「Email」にはEvernoteのメールアドレス(XXXXXXX@m.evernote.com)を入力することです。パスワードはあとからでも自由に変更できますがメールアドレスは後から変更できないので注意しましょう。
アカウント登録が終了したら「Login」よりログインします。「Username」はメールアドレス、「Password」はパスワードです。
My Subscriptions
するとこのような画面に。以前からBlogtrottrをEvernoteのメールアドレスで利用していた方にはその頃から使っていたRSSフィードが一覧表示されていると思います。
今までRSSフィードの登録・解除には「登録・解除後に送られたメールのリンクをクリックする」というワンステップが必要でしたが、今後はこの管理画面から登録のRSSフィードの登録や解除が簡単にできるようになります。フィード登録の解除はフィード横の「Delete」から行えます。
RSSフィード一覧の左上の「Subscribe to a new feed」からRSSフィードの登録ができます。
Subscribe to a new feed
すでにメールアドレスの登録が済んでいるのでRSSフィードの入力だけで済みます。送信方法は上で示したようにさまざま選べますがここでは「Realtime」としておきます。これは記事ひとつで1ノートってことです。「FEED ME」で登録完了です。
Subscribe to a new feed 1
「Back to My Subscriptions」で登録済みRSSフィード一覧に戻ります。
RSSフィード一覧から登録した「knk-n.com -けんけんどっとこむ-」をクリックするとフィード送信の細かな設定ができます。
Image1
なんとノートタイトルの変更ができるのです!!
標準フォーマットは「{feed_title}: {item_title}」
{feed_title}はフィードの名前(ここでは「knk-n.com -けんけんどっとこむ-」)、{item_title}はエントリーのタイトルのこと
iPhoneなどで視認性を上げるためにも{item_title}だけで十分でしょう。
更に前回同様、ノートブックやタグの指定もできます。
知ると知らぬじゃ大違いなEvernoteのTips 〜インプット・アウトプット編〜



半角スペース空けで「@ノートブック#タグ」の指定ができます。
Image2
このようになりました。あとは変更を保存して完成です。
Blogtrottrは登録からフィード送信まで時間がかかることもあります。
完成したノート例はコチラ。
Image3
こちらは「ReadItLater」のRSSフィードを「まるごとRSS」につっこんだRSSフィードを使っています。ノートタイトルのフォーマットに「{item_title} @000_WEBInbox」にしてあったのでちゃんと「000_WEBInbox」ノートブックにノートが作成されていました。タイトルもバッチリです。

おわりに

Blogtrottrの機能アップでYahoo Pipesに頼らなくてもタイトル変更ができ、簡単にノート作成ができるようになりました。
いままでの「RSSフィード→(まるごとRSS)→Yahoo Pipes→Blogtrottr→Evernote」から「RSSフィード→(まるごとRSS)→Blogtrottr→Evernote」とYahoo Pipes無しでもできるようになった。
以前寄稿させてもらった「OZPAの表4」に比べると、ここは知名度が低いのでこのエントリーが寄稿ほど拡散することはないと思いますが、「なるほど」と思った方はどんどん拡めてやってください。