#5app 企画に乗ってみる 私が影響を受けたiPhone5大アプリ


#RyoAnnaBlogでお馴染みの@RyoAnnaさんがこんな企画(?)を始めたそうな。

あなたが影響を受けたiPhoneアプリ #5app – #RyoAnnaBlog

こんな面白そうな企画、

乗るしかない、このビッグウェーブに!

使う頻度でなく、影響を受けたアプリとして紹介することをあらかじめお断りしておきます。

マップ(デフォルト)


iPhoneがあれば初めて行く土地でもダイジョウブ。

このアプリほど心強いものはありません。GoogleMapで目的地を検索するとGPSで現在位置を把握し目的地までのルートを引いてくれる。さらに電車の乗換や所要時間までわかるというスグレモノ。3.11の日もこのアプリが大活躍し初めての道でも迷うこと無く駅まで辿り着くことが出来ました。

OneCam

OneCam[連写,静音,ジオタグ] - Walker Software
価格: ¥170 (記事公開時)
カテゴリ: 写真
App Storeで詳細を見る。


ss1 ss2
今ではカメラアプリでその位置を不動のものにしている。シャッター音がならないというのはこんなに素晴らしいものだったのかと再確認せざるをえない。スクエア写真が撮れるのも魅力のひとつ。このアプリを使ってから気軽に気楽に写真が撮れるようになり意味もなくパシャパシャするようになった。

参考記事: ライフログカメラはOneCamっきゃない -私の使っているカメラアプリまとめ-

RunKeeper

RunKeeper - FitnessKeeper, Inc.
価格: 無料 (記事公開時)
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス
App Storeで詳細を見る。


ss1 ss2
iPhoneと一緒に走る。

最初は「そんな重い物ぶら下げて走りたくない」と思っていましたがこのアプリを使うだけでランニングログが勝手に取れちゃう。以前、Nikeのシューズにバッジのようなものを付けて似たようなことができるのは知っていました。それはメンドクサイなと。しかしiPhoneひとつでそんなことができる時代になったんですね。

関連記事: [ランニング]累計400km突破記念!! My Running Memorial

PictShare

PictShare - multiple photos/movies uploader - itok
価格: ¥250 (記事公開時)
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
App Storeで詳細を見る。


ss1 ss2

これも最近使い始めた割には印象の強いアプリのひとつ。いままでiPhoneから写真を転送するにはPCとつないで、iPhotoに入れて、そこからFlickrにアップしたり、Facebookにアップしたり、Evernoteに入れたりと手間がかかっていました。対応サービスも多いのでこのアプリひとつあれば写真の転送には事欠きません。iPhoneからダイレクトに写真の転送ができます。

するぷろ

するぷろ for iPhone - Gachatech
価格: ¥350 (記事公開時)
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
App Storeで詳細を見る。


ss1 ss2

iPhoneでブログって書けるのね。

この一言で全てが説明できてしまうアプリ。複数のアプリの連携はさまざまなパターンがあり数々の試行錯誤を見てきたが、これひとつでたいてい済んでしまうという開発者の貪欲な思いがカタチになっている。

ところで、いま「するぷろ」で検索すると「ドリームプロデューサー」というアプリが一番上に出てくるんだがこれは何故だろう。なんだろう。教えて、@isloopさん!

ドリームプロデューサー - CyberX, Inc.
価格: 無料 (記事公開時)
カテゴリ: ゲーム
App Storeで詳細を見る。

おわりに

こういう企画に乗っかるとiPhoneのホーム画面晒しとはまた違った個々の「iPhoneに求めているもの」が見えるような気がします。たまにこういった「◯◯なiPhoneアプリ△選」をネタに書いてみるのも面白いのかな。

あなたが影響を受けたアプリはなんですか?