「iPod nano (1st generation) 交換プログラム」とやらでiPodを交換してもらったの巻

iTunesの使い方連載をやろうとおもったら年が明けてしまいやるかやらぬか当分未定な@knk_nです。
それに強引に関連させて、さっき届いたiPod nanoの話をしよう。

iPod nano (1st generation) 交換プログラム

Apple では、ごく稀に iPod nano (1st generation) のバッテリーが過熱して安全上の問題を引き起こす可能性があることを確認しております。対象となる iPod nano は 2005 年 9 月から 2006 年 12 月の間に販売されたものです。

この問題は、製造上の欠陥があるバッテリーを生産した特定のバッテリーメーカーに原因があることがわかっています。実際に過熱事故が発生する可能性はきわめて低いとはいえ、バッテリーの経年に伴ってその可能性は高くなります。

iPod nano(1st generation)をお持ちのお客様は使用を中止し、下記の要領で無料交換手続きをされることをおすすめいたします。

via: Apple – サポート – iPod nano 交換プログラム

See you ipod nano 1st000
私もiPod nano(1stモデル)を持っていました。今思えば、私が最初に手にしたApple製品です。
容量の不足からiPod Classicへ、またiPhoneの登場で、はたまた長年の使用によるバッテリー容量の低下から飾っていました。
しかし、飾っているだけでは何だかモッタイナイ。いい機会だと思い、交換プログラムというのに申し込んでみることに。

特に手続きがメンドウだということはなかった

これほど手続きにメンドウさを感じなかった申し込みも珍しい。上記ページでシリアルナンバーやら届け先の住所やらの入力をして終わり。
See you ipod nano 1st001
数日後、配達員の方が対象のiPod nanoを引き取りに来た。本体のみでいいという変わった趣向らしい。特に料金もかからず、本体のみをコロッと渡した。
See you ipod nano 1st002
See you ipod nano 1st003
いままで4~5年間どうもありがとう。「写真を撮り、”ありがとう”って言って別れなさい」ってどっかの大物ブロガーが言ってた。
飾っておくのもいいかなと思ったけど、もしバッテリーが過熱したりすると危ないからね。いままで、私にたくさんの音楽を奏でてくれてありがとう。
See you ipod nano 1st004
これが去る11月20日のことである。こうしてみると、だいぶ前だなー。

代わってやってきたのはiPod nano…

そしてイマココ。いやサッキココ。
iPod nanoを渡して1ヶ月。届く日に帰省してしまったので、年が明けての受け取りに。
See you ipod nano 1st005
とりあえず開けてみる。ほんとはどっかのダンボールの人みたいにカッコ良く、仰々しく開封の儀などしたいところだけどそいつはまた別の機会に。しかしダンボールの人ってなんだろう。人なのかどうなのか。
See you ipod nano 1st006
ややっ、この風貌は。
See you ipod nano 1st007
残念、iPod nano 6th(最新モデル)でした。ピンクかと思ったらシルバーでした。

Apple、「iPod nano (1st generation) 交換プログラム」の交換品として「第6世代iPod nano」を発送?? – 気になる、記になる…

こういったエントリーも耳にしてはいたので、やはりそうだったか。って感じ。さすがにまだ1stモデルがあるとは思えなかったからね。
そして8GBでした。元は4GBだったのになー。というか4GBモデル自体無いのかも。
本体だけ預けただけあって、本体しか入ってなかった。イヤフォンくらい欲しかったな。

さて、どう使おう

私はiPhoneも、またiPod Classicもあるので、家族に使ってもらおうと思います。1stなら懐かしさが勝ってムリヤリに使っただろうと思うのですが6thは私の手には小さかった。iPhoneを普段触っているのでディスプレイの小ささがちょっと気になるのだと思う。

おわりに


以上iPod nano交換プログラムのお話でした。iPod nanoと言えば、ジョブズ氏のこのプレゼンですよね。
当時は今ほどAppleに興味を持っていなかったのですが、今観てもホントにワクワクする内容です。
ジョブズ氏ももういないのだな。しみじみとそんなことを考える。
おわり。