すべての「あとで読む」をReederに集約せよ!ReadabilityとReederの相性がもの凄く(・∀・)イイ!!

Readability reeder

私はブログ購読を含め多くのサイトの更新をReederというiPhoneアプリでチェックしている。
UIもシンプルで見やすいし、様々なサービスへのポストにも対応しているし、Mac版、iPad版と他のデバイスでも同じように使えるのがすごく嬉しい。
そんなReederがより便利になる方法が今回出てきた。


今までのTwitterリンクの未読処理


例えばこのツイートのような「URL付きツイート」だ。
今まではできるだけすぐにリンクを開いてツイートしたりはてなブックマークに追加していた。
すぐに開けない場合はとりあえずそのツイートにスター(ふぁぼ)を付けておいて後でチェックするようにしていたのだが。

参考: [TIPS]iPhoneにおける高速情報収集術「『あとで読む』サービスを使い分ける」

Twitterのふぁぼと「あとで読む」を分ける

ふぁぼを付けるものは「あとで読む」ものだけではない。読んでいて嬉しくなったり楽しくなってしまったツイートにもスターは付ける。
最近はブログに対し嬉しいコメントもたくさんいただくようになってきた。そうするとふぁぼにURLとツイートがごちゃごちゃになってくる。
すると大事な情報が埋もれる可能性が出てきた。
ごちゃごちゃにならない方法を今日男子ハックさんのブログで見つけた。

全てをReederに集約せよ!

Readabilityというサービスがアツイ!

最近注目を集めている「Readability」というサービス。わりと前からある「あとで読む」サービスのひとつだ。
「あとで読む」に私は「ReadItLater」や「Instapaper」ばかり使っていたので正直名前しか知らなかった。
近ごろこのサービスのiPhoneアプリが出たのをきっかけに様々なブログで取り上げられるようになった。
私もアプリを入れて少し使ってみた。「ReadItLaterやInstapeperとあんまり変わらない感じかなー」と思っていたのだが、その二つにはない機能があった。

ReadabilityはReederと統合できる!

RSSリーダーがソーシャルリーダーに!Twitterで気になった記事を「Readability」に送って「Reeder」で読むように設定するとRSSリーダーが超進化する。 * 男子ハック

Readabilityは私の愛用RSSリーダー「Reeder」とのドッキングが可能なのだ。
もっとハッキリ言うとReederの中でReadabilityの未読がチェックでき、またReeder内の未読処理と同じようにTwitterにポストしたり、Evernoteにポストしたりできる。
これは試さずにはいられない。

ReadabilityとReederを統合する方法

1. Readabilityのアカウントを作成

コチラのReadabilityのサイトからアカウントを作成します。
iPhoneアプリでReadabilityを使った方はもうアカウントをもっていらっしゃるかもしれませんね。

2. ReederでReadabilityの設定をする

iPhoneとMac、iPadのReederでReadabilityの設定をします。

iPhone・iPadでの設定

iPhone・iPadはまず設定アプリから行います。
ほとんど同じなのでiPhoneで説明します。

Readability reeder01

Readabilityをオンにします。

Readability reeder02

オンにするとReederで画面の右上(iPadは左上)にイスのようなマークが出るようになります。これがReadabilityのアイコンです。

Readability reeder03

アイコンをタップするとサインインを求められるのでサインインします。

Readability reeder04

Safariが起動し、Readabilityのログイン画面になります。先ほど作ったアカウントでログインしましょう。

Readability reeder05

すると「ReadabilityをReederと連携を許可するか?」と聞かれるので「許可する」をタップ。

Readability reeder05 1

Reederアプリに切り替わり「Un read」の下にReadabilityが表示されるようになります。表示されない方は右下から再読み込み、あるいはアプリの再起動をすると表示されるようになります。

Macでの設定

Readability reeder06

MacはReederアプリ内の環境設定のGeneralタブにReadabilityという項目があるのでそこからサインインします。
男子ハックさんのページでスクショを探して戸惑ってしまったのでこっちではスクショを貼っときます。

Readability reeder07

デフォルトのブラウザでReadabilityのログインページが開きます。あとはiPhone・iPadと同じです。

Readability reeder08

ログインして、許可して。

Readability reeder09

Chromeなのでこんなのも出ますがあわてずに「アプリケーションの起動」。

Readability reeder10

アプリの環境設定で最初の「Sign in」の部分が「Sign out」に変わっていればReadabilityがオンになっています。

Readability reeder11

再読み込みで同じくReadabilityが表示されます。

3. Readabilityに送信

今回はTweetbotでやってみます。
Tweetbot内の設定から「あとで読む」を「Readability」に設定します。

Readability reeder12
Readability reeder13
Readability reeder14
Readability reeder15

これでTweetbotでReadabilityが使えるようになりました。

Readability reeder16
Readability reeder17
Readability reeder18

あとはこんな感じにツイートのURLをタップし続けて、「Readabilityに送信」すると、URLの中身が全文Reederで読めるようになります。

4. Reederで読む

Readability reeder19

Readabilityの未読がReederに集約されます。

Readability reeder20

こんな感じ。

Readability reeder21

ReederなのでTwitterやEvernoteにもポストできる。
Reeder便利ダナReeder。
タイトルがちょっとおかしいけどアップデートで修正されていくことを願ってる。(ページによって記事名まで表示されたりされなかったり。)
以前書いたツイートボタン記事に「西の首領」呼ばれる@donpyさんが共感し、紹介記事を書いて下さったものを今回、例として使わせていただきました。
ありがとうございますヽ(・∀・ )ノ いつか竹蔵にも行きたいぜっ!

ブログに埋め込む「ツイートボタン」をカスタムするとみんなもうれしい。私もうれしい。WIN-WIN!!!!〜 @knk_n さんの「カスタムツイートボタン」が素晴らしい! | 覚醒する @CDiP
私もうれしいです。ありがとう。

おわりに

今後「あとで読みたいものはすべてReederに集約させます。
ReederでのRSS未読処理は一日数回必ずやっていることなので取りこぼすことはないだろう。
今まで「ReadItLater」、「Instapaper」と複数アプリを切り替えて使うのがメンドウで「あとで読む」系アプリはあんまり使ってなかったのですが、これなら続けられそう!

Reeder - Silvio Rizzi
Reeder 2.5.4

価格: ¥250 (記事公開時)
カテゴリ: ニュース
Reeder for iPad - Silvio Rizzi
Reeder for iPad 1.5.4

価格: ¥450 (記事公開時)
カテゴリ: ニュース
Reeder - Silvio Rizzi
Reeder 1.1.5

価格: ¥850 (記事公開時)
カテゴリ: ニュース
Readability™ - Readability, LLC
Readability™ 1.0.1

価格: 無料 (記事公開時)
カテゴリ: ニュース
Read It Later Free - Idea Shower
Read It Later Free 2.4.7

価格: 無料 (記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化
Read It Later Pro - Idea Shower
Read It Later Pro 2.4.7

価格: ¥250 (記事公開時)
カテゴリ: ニュース
Instapaper - Marco Arment
Instapaper 4.0.4

価格: ¥450 (記事公開時)
カテゴリ: ニュース