出先でもMacBook Proの充電環境を。「AUKEYのUSB-Cアダプター」をレビュー


最近、何かと持ち出す頻度が増えてきたMacBook Pro。
ただ面倒なのが、充電のアダプタとケーブルを持ち歩くこと。

そこで、AUKEYから発売されている「USB充電器 ACアダプター(以下USB充電器)」を購入したのでご紹介します。

スポンサードリンク

USB-CもUSBもこれ1台。AUKEYの「USB充電器 ACアダプター」


今回ご紹介するのは、USB-Cと通常USB(USB-A)の充電機能を備えた「USB充電器 ACアダプター」。

普段使っているMacBook ProはUSB-Cポートしか搭載していないため、USB-Cの充電器が必要。
今回紹介するUSB充電器はMacBook Proを充電しつつ、通常USBでも十分な給電機能を備えた充電器となっています。

MacBook Proを充電するには61Wの電力が必要

MacBook Proはモデルによって充電に必要な電力が異なります。


公式サイトによると、自分が使っている13インチモデルを充電するには「61W」もの電力が必要でした。

参照:Mac ノートブックの正しい電源アダプタとケーブルを確認する

それ未満の給電量では、Macの消費電力のほうが大きくなるので、例え給電できてもそれ以上にMacBook Proの電池残量は減っていき、最終的にはゼロになってしまいます。

自分も過去モバイルバッテリーで充電を試みましたが、まるでダメでした。専用の充電器の必要性を感じた瞬間です。

60Wの給電量を持つ、AUKEYのUSB充電器


AUKEYは60Wの給電量を持つ、USB-Cポートを備えています。


「61W必要なのに、60Wって大丈夫なの?」という声もありそうですが、使用中の発熱は気になるものの使ってみた感じは特に問題なさそうでした。

USBポートも合わせると総電力72W


AUKEYのUSB充電器は、USB-Cポートの他に通常のUSB(USB-A)のポートを2つ備えています。
iPhoneや、モバイルバッテリー、マウス等も合わせて充電することができます。

まとめ


こんな感じで AUKEYのUSB-Cハブの紹介でした。
USB-Cだけでなく、通常のUSBポートも付いているので、MacBook ProなどUSB-Cが必要なデバイスと、スマートフォン、モバイルバッテリー等の充電を同時に行いたい人にはおすすめです。

ABOUTこの記事をかいた人

日本・台湾を行き来し、ホームページ制作、デザインの仕事をしながらこのブログを書いているブロガー。 このブログではモノを中心に、ガジェットやWEBサービス、旅、ランニングなど新しいライフスタイルを提案することを目指しています。