私がEvernoteをWEBクリップの掃き溜めにするのをやめた理由

Keepin' it Geeky with: Evernote

Keepin’ it Geeky with: Evernote Photo by Ethan Bloch
記念すべき400記事目でも平常運転の@knk_nです。とくに面白いネタ無かったんだ。申し訳ない。

ところで、けっこう前のことになるが、去るGWにEvernoteのノート整理を行った。

一番こだわったのが、ほとんどのWEBクリップノートを削除したこと
なぜ今回WEBクリップノートの削除に踏み切ったのかちょいとまとめておきます。

私のWEBクリップノート事情

まず少し書いておかなければならないのが私のWEBクリップノート事情。

私のWEBクリップノートは

  1. Google Reader(Reeder)でのスター付き記事をBlogtrottrを使ってEvernoteへ
  2. はてなブックマークしたものを「hatebte」を使ってEvernoteへ
  3. Google Chrome拡張機能「Evernote Web Clipper」を使ってEvernoteへ

大体3つのルートでEvernoteに入ってきます。ほとんど1と2です。

[Evernote活用術]Yahoo Pipes V2対策 Blogtrottrを使ったRSSフィード→Evernoteのノート作成術 | けんけん.com
はてブをつけた記事を全文自動でEvernoteに保存できるサービス『hatebte』 | なまら春友流

週に50~100ほど貯まり、たまに整理したりしなかったり。ここ数ヶ月はほとんど整理をしていませんでした。

WEBクリップノートの削除を決めた理由

  1. あまり自分に関係のないのに多くのノート数を占めている
  2. 重い
  3. あまり活用できていない

1.2. あまり自分に関係ないのに多くのノート数を占めていて重い

GW前の私の総ノート数は約1万1千。そこそこのノート数です。
そしてその中のWEBクリップノート数が約2千
自分にほとんど関係なく、たまにしか見ないノートの総数が全体の五分の一を占めている。

かなり前から気づいていましたが、整理のめんどくささもあってずっと放置していました。
きっかけになったのがこの前行った、OSのクリーンインストール。

参考: MacBook 2008 LateのSSD換装。SSD換装手順などまとめ | けんけん.com

当然Evernoteもインストールし直し、アカウント名を入力してノートの同期が始まる。
OSの入れなおしてもデータの入れ替えやバックアップが不要なのがクラウドサービスの魅力ですが、いかんせん遅すぎる。
結局全ノートの同期にまるまる半日取られました。

決意のツイート。
掃き溜めは失礼だったかもしれませんが、私としてはEvernoteに入れておいて活用できていないことがそもそも失礼なので。

3. WEBクリップは活用できているのか

ハッキリ言ってほとんど活用できていません。

WEBクリップノートブック内のノートを全部チェックしたところほとんどのノートが活用できていませんでした。「なんでEvernoteに入っているのだろう」と思うものばかり。

  • これは使える!
  • Evernoteへ
  • ぜんぜん使えてない
  • 掃き溜めへ←イマココ

ニュース系の記事はEvernote向きではない

これは「こうしろ、絶対にだ!」というわけではありません。あくまでも私の使い方です。

驚いたのがEvernoteに入れているWEBクリップの中にニュース系の記事が多かったこと。
しかし、

  • ◯◯アプリがキャンペーンで◯◯円になりました!
  • ◯◯がアップデートで◯◯な機能が追加されて…

といったニュース系記事を後から見返して何か意味があるのかなと考えてみたとき。

いや、無いな

キャンペーンやニュース系の記事はその瞬間にのみ価値があるもので、時期が変わったらお役目終了です。

ランニング日誌特別回「Nike+の「RUN TOGETHER」キャンペーン参加」 | けんけん.com
Google+ for iPhoneがキタ━(゚∀゚)━! | けんけん.com

当ブログだとこういった記事が該当します。私から見てもEvernote向きではないなと思います。

ニュース系の記事は即削除対象になりました。

EvernoteはGoogleではない

これも私独自の方針。かつては「Evernoteを自分の情報のデータベースに」と考えてWEBクリップを山のようにEvernoteに入れてきました。

しかしGoogleで探せるものをEvernoteにわざわざ入れておく必要があるのかなと考えてみたとき。

いや、無いな(二回目)

ニュース系の記事も然り、必要ならまたGoogleから探せます。見ないものは入れない。

おわりに

このようにWEBクリップノートをザクザク削った結果、WEBクリップノート数は2千から100強まで減りました。どれだけWEBクリップノートをおざなりにしてきたかが丸わかりですね。
なぜ100強残っているのかは次回。

他にもいろいろ削って現在総ノート数は7千弱。

ノート数が多いと検索も大変なので4千も減らせたのは大きかった。ノート数を減らすコツとかもいずれ記事として書けば少しは需要あるかな。

次回は今後の私のWEBクリップノートの使い方を紹介する予定です。よければそちらもご覧ください。

大事なのはアウトプット! Evernoteを使った新・WEBクリップ管理術
Categories:
記事が気に入ったらシェアお願いします!