[Evernote][初心者向け]曲リストとしてEvernoteを利用すれば快適なんじゃないかと思ってやってみたらけっこう快適だった

Elephant Hill
flickr.comElephant Hill Photo by SteFou!

Evernote関連記事はかなりひさびさになるのかな。Evernoteも音楽も同じくらい大好きな@knk_nです。こんにちは。

今回はEvernoteを曲リストとして利用したら便利かなーと思ったので使っていて気がついたことなどをシェアしてみようと思います。それほど小難しいことは何もやっていないので初心者の方など「Evernoteに何を入れたらいいのかな?」という方におすすめしたい使い方です。

突然ですが、普段聴いている曲リストの中身、思い出せますか?

私はiTunesで音楽を聴いたり、音楽管理をしています。お気に入り曲などをまとめたプレイリストで音楽を聴くのが私の日常。iTunesを問わず多くの方がアルバムやアーティスト単位以外で複数曲をプレイリストなどでまとめて聴いていることでしょう。

そのプレイリストの中身。いつでも覚えていますか? or 思い出せますか?

私はもちろん「ノー」と言える自信があります。昨日、一昨日のものならばいざ知らず、半年、一年前のものとなるととても思い出せるものではありません。

さらに、私はお気に入り曲だけでなく、季節に関するプレイリストを作っています。例えば「春」というプレイリストには春っぽい曲、春に聞きたい曲を入れてあります。「お気に入り」というプレイリストの中身は好みで頻繁に変わりますが、季節に関するプレイリストの中身はそこまで頻繁には変わりません。替わるとすれば、一年に一回。そう、春になったら替わるかもなーって感じです。むしろ替えるかもなーですね。

そう…一年に一回中身が替わるかもしれないプレイリストの中身なんてそうそう覚えていられないですよね。

それは「プレイリストが消えた」状態への備え

Evernoteを曲リストとして利用しようと思ったきっかけはプレイリストの編集にあります。もうすぐ、というか会津ではもう冬。そこで冬曲、さらに一ヶ月後に控えたクリスマスに聴きたい曲用のプレイリストを少し眺めていじってみようと思ったとき、去年作ったプレイリストが消えていることに気づきました

プレイリストは本来、そんなに簡単に消えることはない。
そうOSのクリーンインストールでもしない限り…

LionからSnow Leopardにダウングレードしてみた

やってもうたorz

普通の人はこんなアホみたいな消し方はしないと思うのですが、普段使っている中でうっかり消してしまうことはなくもないことです。しかも一回消したらもとに戻すのに多少なりとも手間がかかります。中身を覚えてさえいれば時間がかかったとしてももとに戻すことはできたかもしれません。

しかし私は上で挙げたプレイリストの中身が思い出せないという問題にぶつかってしまいました。いくら時間を費そうとも一年前のことなど思い出せません。オワタ\(^o^)/

こんな最悪を回避できるように曲リストをどこかにバックアップしておくことを考えました。それにEvernoteを使おうと思いついたわけです。

曲リストとしてEvernoteを使う方法

「実際にEvernoteで曲リストを作ったからこんな感じ」というのを例を踏まえて紹介していきます。ここではメンドクサイ私にでもできるような方法で行なっています。

1. スクリーンショットで残す

Evernoteは画像内の文字検索が可能なのでiTunesの画面をスクリーンショットで残すという方法が使えます。

プレイリストではありませんが、あるCDの曲群を表示した状態でスクリーンショットを撮ってみました。(以下はMacでiTunesを使った場合になります。)

Img001
iTunesの画面でメニューバーのEvernote(象のマーク)から「選択部分かウィンドウをEvernoteにクリップ」を選んで選択部分かウィンドウ全体をクリップしてEvernoteに追加します。

Img002
このような画像がEvernoteに追加されました。
同期の後に画像内文字検索ができるようになります。

Img003
実際のノートはこんな感じです。タイトルにプレイリスト名を付けて、「曲リスト」ノートブックに入れておけばここの情報から復旧が可能です。スクリーンショットを撮るだけなので思いついたときにすぐできますし、とてもカンタンです。

2. メモで残す

もっと検索機能を重視する方には多少の手間はかかりますがメモとして残す方法がおすすめです。といってもiTunesなどからコピペするだけですが。

曲名とアーティスト名だけわかれば十分でしょう。箇条書きにするもよし、表を作ってまとめるもよし、あとはあなた次第です。

私はメンドウなので箇条書きにしてありますが、HTMLファイルでテンプレを作ってみるのも見やすくていいかもしれないですね。

R-style » Evernote企画6th:第二回:ノートの見た目にこだわる

Img004 1
実際のノートはこんな感じです。文字として入力してあるのでスクリーンショットにくらべて検索すれば100%見つけ出せるというメリットがあります。

3. 一定期間ごとにアップデートする

よく使うプレイリストは中身を替える前にEvernoteにノートを作ってアップデートしておき、タイトルに日付を付け加えておくと漏れが少なくなります。例えば「お気に入り曲_2011/11」などですね。定期的に見返して、見直す。コレ大事。

曲リストを作るメリット

1. 少ない手間で復元できる

万が一プレイリストが消えてしまったときに別のところに中身のバックアップをしていれば少なくとも中身を思い出すという手間は省けるので復元が確実にできます。

2. 気軽に消せる

バックアップを取っておけば消える心配をする必要がなくなります。さらに一歩進んで気軽に消せるようになるでしょう。使っていないプレイリストはどんどん消せます。「いつかつかうかも」なんて渋る必要は全くありません。だってそのためにバックアップ取ってるんでしょ?

3. 過去のプレイリストの参照ができる

プレイリストを消しても曲リストは生き続けます。しかも消える心配も要りません。一年後に一年前作ったプレイリストの中身を見ることもできるのです。私は「お気に入り」プレイリストの中身がしょっちゅう入れ替わるので、一年後にはたくさんの「お気に入りプレイリスト」ノートができていることでしょう。それを眺めるのも楽しみです。
もしまた使いたければいつでもそこから復元できます。

Evernoteを曲リストとして使うメリット

1. さまざまな検索が可能

プレイリスト名をタイトルとして検索することもでき、またプレイリストの中身自体を検索して見つけ出すことができます。

2. ノートブック・タグを使っての整理が可能

同じ名前のプレイリスト、またジャンルが同じプレイリストは同じタグを付けておくことで必要なときに見つけやすくなります。基本はここまでする必要はないのですが、こだわる方はここまでやってみても面白いと思います。

3. どこでもリストの編集ができる

EvernoteならWebでもiPhoneでもiPhoneでもMacでもWindowsでも見られる。ふと思いついたときにリストの編集ができます。あとでiTunesで合わせれば漏れもなくなりますね。

4. 他にもいろんなことができる

ざっくりとした言い方ですが、例えば先ほど例に挙げたスクリーンショットがまさにそう。Evernote自身にスクリーンショットを撮影する機能があって画像も受け止めることができる。ほかにも使う中で便利になることはぜったいある。

おわりに

この記事を書いていて、かつてごりゅごさんが財布を無くされたときに書いていた記事のことがちらっと頭をよぎりました。

財布とかマジでいつ無くすかわからないから、その前にやっておきたい3つの準備 | goryugo

忘れないようにシリーズは様々な分野で活用できること請け合いです。しかもEvernoteはそういった分野にとてもぴったりなツールです。

今回Evernoteで説明してきましたがEvernoteでなくてもできる話です。手近なノートなどにメモを取るのもいいでしょう。ただスクリーンショットや検索まで考えるとEvernoteを使うのが一番無難かなとは思いますが。

Evernoteのコンセプトは「すべてを記憶する」です。曲リストについてもすべて記憶してもらおうじゃありませんか。Evernoteに何を入れていいか困っている人は「好きな曲リスト」を突っ込むことから始めてみてはいかがですか。

Evernote - Evernote
Evernote 3.0.4

価格: 無料 (記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化
App Storeで詳細を見る。
Evernote - Evernote
Evernote 4.1.5

価格: 無料 (記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化
App Storeで詳細を見る。

今回使ったCDはこちら。

Categories:
Tags: ,
記事が気に入ったらシェアお願いします!