2017年3レース目!「第40回記念大会府中多摩川マラソン」の出場を記念して昨年の府中多摩川ハーフを語ろう

最終更新日:

どうも、けんけんです。

2017年、私にとってマラソン大会元年とも言うべき年になりそうなこの頃。

これまで経験したことの無い3レース目の挑戦が始まります。
この度、第40回記念大会府中多摩川マラソンに出場することになりました。

SPONSORED LINK

府中多摩川マラソン

府中多摩川マラソンは現在私が住んでいる地域の中ではかなり大きな都市である東京都府中市で毎年開催されているマラソン大会で、府中多摩川風の道と呼ばれる多摩川土手を走るフラットコースが特徴です。

ランナーが走りやすいように道が整備されていて、また春には川沿いに桜が咲いて、このあたりではおすすめのランニングコースの1つといえます。

第40回記念大会に出場することになりました


7月の頭に申込みが開始されたため、すぐに申し込みしました。
今回は節目である第40回の記念大会なので、昨年とはどのように違った大会になるのか楽しみです。

本番は2017年11月23日。
もう少しで残り4ヶ月となります。

ただこの報告のみだとネタとしては物足りないですね。
一応、今回が2回目となる大会ですので、昨年の大会について少し語ってみよう思います。

第39回府中多摩川マラソン(2016年11月出場)を語ろう


昨年の府中多摩川マラソンは私にとって2つの意味を持った大会でした。

2回目のハーフマラソン公式大会

今大会は、公式のハーフマラソンとしては2回目の出場でした。

ハーフマラソンの初大会だった、会津若松市鶴ヶ城ハーフマラソンは完走こそできましたが練習不足によって半分以上を歩かざるをえませんでした。今思い返しても苦々しい大会です。
詳細は、当時の記事をご参考ください。

なので、今回こそは歩かずに完走したい。
それが何よりの目標でした。

3ヶ月後に控えた東京マラソンの前哨戦

このときは、すでに3ヶ月後に東京マラソンへの出場が決まっており、その直前に控えた公式大会との意味合いもありました。
決していいタイムを望むつもりはありませんでしたが、しっかり完走して、東京マラソンに向け弾みをつける、そのような大会にしたいと思っていました。

東京マラソンについては、以前に記事を書いていますのでご参考ください。

結果


結果としては、完走できました。
ただ詳細はどうだったのでしょう。

正直だいぶ時間が経ってしまっているので詳しい事は覚えていませんが、その時の記録を見てみることにします。

これを見る感じだと最後の1~2kmでスピードがガクッと下がっているので、歩いていた可能性がありますね。
当時のことを思い返すと、10kmを超える距離での練習はあまりしていなかった印象があるため、スタミナが最後まで持たなかったのだと思います。

これは今回も注意して練習に望む必要があります。

さいごに

こうして昔の大会を振り返ると新たな発見がある気がします。

大会後すぐにフィードバックするのが一番ですが、時間が経ったあとでも振り返ってみるのは大切ですね。
そのためにもタイムなどの記録は日頃からきちんと残しておくのが大切とも、改めて思いました。

泣いても笑っても残り4ヶ月。頑張ろう。
一方で、直後に控えた大阪マラソンへも不安があります。そっちも頑張ろう。

府中多摩川マラソンへのエントリーは以下リンクから可能です。定員に達すると締め切りとなります。
ご興味の方はお早めにどうぞ。

参考:第40回記念大会府中多摩川マラソン – RUNNET

以上、けんけんでした。

Nike+ Run Club

Nike+ Run Club
開発元:Nike, Inc
無料
posted with アプリーチ

Categories:
Tags:
記事が気に入ったらシェアお願いします!