(K) あなたの選挙区候補者はどんな人? 「ザ選挙」で調べよう!

先月11月16日に衆議院が解散しました。
今月12月4日公示、12月16日投開票で「第46回衆議院議員選挙」が行われます。
私の選挙区でも選挙ポスターの掲示板を見かけるようになりました。(公示前なのでポスター自体はまだない。)

私にとっては初の衆議院選挙での投票になります。(前回はギリギリ未成年でした。)
そんなわけで最近は嫌々ながらもテレビを見たりもしています。
しかし情報の正確さや質の不安自分の選挙区候補者の話が出ないなど不満もあるので結局インターネットに頼るところも大きいです。

そこで今回は一足先に自分の選挙区の候補者について調べるのに役に立つサイトを紹介します。

選挙の総合サイト「ザ選挙」

Screenshot 2012 12 01 16 09 17

選挙が民主主義を支える基盤であるにもかかわらず、日本ではまだまだ選挙や候補者に関する情報が少なすぎます。
『ザ選挙』を通じて、国政はもとより、自治体選挙や政治の情報を国民すべてが共有することで、地域の政治に関心を持ち、身の回りから日本を暮らしやすい国に変えていくことに挑戦します。via: このサイトについて |ザ選挙

「衆院選挙 選挙区」でテキトーにググって出てきたサイト。
選挙や候補者に関する情報が少ない中にあってよく情報がまとまっていると思います。
特に自分の選挙区の候補者について調べるのには非常に役に立ちます。

選挙候補者のデータベースが便利!

中でも私がよく見るのはこのページ。

第46回衆議院議員選挙 小選挙区立候補者予想一覧 |ザ選挙


※ 公示後にページ、URLが変わっていました。申し訳ありません。

新しいほう→第46回衆議院議員選挙第46回衆議院議員選挙の選挙情報 | ザ選挙 | 政治と選挙の総合サイト

都道府県から調べるわかりやすいスタイル

Screenshot 2012 12 01 16 17 06

都道府県名から選ぶだけなので探しやすい!

Screenshot 2012 12 01 16 26 23

各選挙区の候補者名や年齢、政党(公認・推薦までは残念ながら不明)など。
前回 (第45回)の結果も見ることができます。

この内容は随時更新されていきます。ここ数日、政党ができたり消えたり、はたまたくっついたりバラけたりするので結構な頻度で内容の変更が行われているようです。

プロフィールから議員の情報もたどることができる

Screenshot 2012 12 01 16 39 23

議員名のリンクから各議員のプロフィールを見ることができます。Twitterやホームページ等のリンクもあります。

さすがに公示後は公職選挙法の絡みがあるので情報が更新されることはないでしょうが、それまでの情報もひとつの判断基準にはなるのかなと思います。

おわりに

この前「ニコニコ動画」主催で行われた「ネット党首討論」を観ました。その翌日に記者クラブ主催で恒例の党首討論があったわけですが、インターネットが先駆けて行ったということの意味はなかなか大きい。

インターネットでの投票実現は今後どうなっていくかわかりませんが、確実にインターネットが持つ影響は選挙でも大きくなっているようです。

こういったサイトがあるのもその影響のひとつではないかなと思います。
「自分の選挙区の候補者はどんなひとかな?」と思った方はぜひ調べてみてください。

第46回衆議院議員選挙 小選挙区立候補者予想一覧 |ザ選挙


※ 公示後にページ、URLが変わっていました。申し訳ありません。

新しいほう→第46回衆議院議員選挙第46回衆議院議員選挙の選挙情報 | ザ選挙 | 政治と選挙の総合サイト

Categories:
記事が気に入ったらシェアお願いします!