HTML5ハッカソンに参加してきました

html5

2010年10月16日、会津大学で行われたHTML5ハッカソンに参加してきました。
ハッカソンとは「Hack」と「Marathon」の造語でプログラムに興味のある人が一日中集まってひたすら開発しようというイベントのことです。短い時間でしたがとても有意義な体験が出来たと思います。
と、まぁこれだけだと何のために参加したのか、何が身になったかどうかわからなくなってしまうので学んできたことをざっとまとめてみようと思います。

HTML5に興味はあったのですが私自身HTML5に触るのも初めてで、何を作りたいかも決まっていなかったので「Google Mapsと連動してGoogle Mapsを舞台としたパックマンを作る」というグループに入れてもらうことになりました。Google Mapsの道筋上でパックマンができたら面白そうだと思ったので。まぁいろいろと問題があって方向転換を余儀なくされたわけなのですが…

そのあと実行すると開いているWebページのスクリーンショットを撮ってその上をパックマンが動き回り、パックマンが通ったところが虫食いのように消えてゆくというあたかも「パックマンが今見ているWebページを食い尽くしていくようなもの」を作ろうということになりました。私自身は「誰得」などと思っていましたが意外とその案はウケがよく、作り始めたのですが…

スクリーンショットはGoogle ChromeのChrome ExtentionsのcaptureVisibleTabというAPIを叩いて実装することができオブジェクトをその上で動かして見た目にはいい感じになってきたのですが、オブジェクトが通ったあとの画像処理とオブジェクトの移動の絡みがうまく動かず当日中に完成を見ることは出来ませんでした。スクリーンショットで取得した画像とHTML5のcanvasという画像処理を加えることが出来る機能とがうまく連動していなかったみたいです。

これだけわかっただけでも参加したかいがあったと思いましたが時間を見つけて完成までもっていきたいと思います。

他のグループの発表も聴けて良い一日になったと思います。
これからも定期的にこういうイベントに参加していきたいなぁ。

Categories:
Tags:
記事が気に入ったらシェアお願いします!