一度見ればすぐ出来る!Keynoteで「ベン図」を描く方法を紹介します

最終更新日:
Screenshot 2013 07 02 14 45 15

Keynoteでのスライド作りにはすっかり小慣れてきた今日この頃。

最近、Keynoteでベン図を使う必要があって調べたのですが、そういったページは見つからず、代わりに一本の動画を見つけました。


Apple iWork Keynote Tips and Tricks: Build an Animated Venn Diagram – YouTube

WEBページこそありませんがYouTubeには似たようなチュートリアルがいくつか上がっているようです。

今回はこの動画を参考に「Keynoteでベン図を描く方法」をご紹介します。※ 以下画像はクリックで拡大します。

空っぽのスライドを用意

screenshot_2013-07-02_14.22.53

まずは空っぽのスライドを用意します。
背景はなんでもいいです。今回は白のままでやっていきます。

円を3つ用意

screenshot_2013-07-02_14.24.44

ツールバーの「図形」から円を選んで円を3つ用意します。枠はあってもなくても構いません。

Screenshot 2013 07 02 14 25 34

円のサイズを変更

Screenshot 2013 07 02 14 26 34

今使っているスライドのサイズは1024×768なので円の直径を400pxに揃えておきます。インスペクタで「縦横比を固定」にチェックを入れて400pxにすればおk。

円の色を変更

Screenshot 2013 07 02 14 27 22

3つの円に別々の色を設定します。とりあえずピンクと黄色と青で。

screenshot_2013-07-02_14.28.22
Screenshot 2013 07 02 14 28 41

円の配置を調整

Screenshot 2013 07 02 14 29 28

ベン図っぽくなるように円の配置を調整します。

円に不透明度を設定

ここが一番のキモ。3つの円に不透明度を設定します。
不透明を設定することで奥にある円の色が浮かび上がってきてベン図っぽくなるのです。

Screenshot 2013 07 02 14 29 28

不透明度を設定前がこちら。

screenshot_2013-07-02_14.31.02

不透明度を設定したものがこちら。一気にベン図っぽくなりました。

あとはお好みで調整

あとはお好みで配置や大きさなどを調整してください。

Screenshot 2013 07 02 14 32 04

円の重ね方を変えたもの

screenshot_2013-07-02_14.33.50

暗めの背景にすると円も暗めの色になります。

Screenshot 2013 07 02 14 34 14

テキストを付けてみたり

Screenshot 2013 07 02 14 34 49

円に枠を軽く付けておくと境目がよりくっきりしてわかりやすいと思います。

我思う

不透明度くらい調べずに気が付ければよかったのですが結果的に良い勉強になりました。不透明度自体はよく使いますがこういう使い方もできるとは。

今後ベン図を描くチャンスがあるかはわかりませんが、Keynoteをグラフィックソフトの代わりに使うこともあるので、覚えておいて損はないと思っています。

ベン図を描くのにグラフィックソフトを使う必要はありません。Keynoteでできます。
そして動画もそうですが一度見ればすぐ使えるようになります。
ご参考ください。

こうして見るとKeynoteだけでもいろいろできる。
あとはプレゼンでうまく話ができるようになればなぁ・・・

おしまい。

via: CREATE AN ANIMATED VENN DIAGRAM IN KEYNOTE

Keynote 5.3
価格: ¥1,700 (記事執筆時)
カテゴリ: 仕事効率化

AppStoreで見る

Categories:
Tags: ,
記事が気に入ったらシェアお願いします!