私のライフログツールを紹介します。「私がライフログの取り方を見直してTwitterに一本化した理由」

Twitter
Twitter Photo by eldh

ライフログに適したツールはなんだろなと考えることも日課の一つ。@knk_nです。

Twitterを使い、はたまたPostEverを使い、はたまたPostEver風のAppleScriptを作ったりするなどライフログに適したツールを求めて幾年月。

この度、方向性がようやく決まってきたので自分用にまとめておきます。よろしければご覧になって下さい。

1. ライフログとPostEver

いままで私はライフログにPostEverを使ってきた。途中Twitterとかにも浮気しつつもメインはPostEverだった。
PostEver - 1日分のメモが1つのEvernoteノートに - Atech inc.
PostEver – 1日分のメモが1つのEvernoteノートに 2.3.0

価格: ¥600 (記事公開時)
カテゴリ: ビジネス
App Storeで詳細を見る。
ある時はMacでも使えるようにとAppleScriptやアプリを作ってみたりもした。

[Evernote]MacからのメモをPostEverと合体させるAppleScript「ぽすてん」の設定方法(補足Ver.)

そんなPostEverだが以前からPostEverでのライフログには限界を感じていた。

他サービスとの連携ができない

PostEverはEvernoteに時系列でメモを作るという単体アプリなので、foursquareやInstagram、Flickrなど外部サービスとの連携機能がない。
それゆえPostEverのみで全てが済むという言い方もできるが、他のサービスでのログも私にとってはライフログ。できることならば一元化したい。

2. ライフログはTwitterに一本化した

Twitterというとコミュニケーションツールといった印象が強いように感じるが、非公開のアカウントを使えば他人に見えない形で思ったことを気兼ねなくつぶやくことができる。

PostEverに外部サービスとの連携の弱さがあったので以前からfoursquareなどのサービスを使ったログ(特に不特定多数に発信するには憚られるようなもの)は、普段のコミュニケーション用のアカウントとは別にライフログ用の非公開アカウントを作ってやりくりしていた。

今回、posteverとそれとがバラバラになっていたものをTwitterで一本化することにした。

3. 具体的な使用環境

今後の自分のためのまとめとして実際にライフログに使っているアプリ・サービスを紹介。

3.1. ポスト(投稿)

iPhoneは「TweetMe」がおすすめ

TweetMe Fast - Simone Leopizzi
TweetMe Fast 1.1

価格: 無料 (記事公開時)
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
App Storeで詳細を見る。

  • フツーにポスト
  • 写真のポスト
  • iTunesの曲をツイート(アートワークのポストも可能)

アートワークのポストまでできるアプリはあまりたくさんありません。
アートワークは後述する閲覧や保存の段階で付いていると華やかなので、こだわっている。

同じような機能を持つアプリに「ぽすとん」がある。
ぽすとん Twitter,facebook,Posterous,Evernote,mixiへ簡単ポスト - atWork inc.
ぽすとん Twitter,facebook,Posterous,Evernote,mixiへ簡単ポスト 4.2

価格: ¥170 (記事公開時)
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
App Storeで詳細を見る。
ぽすとんはTwitpicへの写真投稿だがTwipicは非公開の設定ができないのでアートワークならまだしもプライベートな写真を預けるのはちょっと危ない。TweetMeはTwitter公式の写真投稿機能に対応しているので非公開アカウントでは写真も非公開になる。こっちは非公開アカウントであるかぎりは安全。

そんなわけでTweetMeを使っているがぽすとんがこれに対応すれば、また乗り換えることもあるかも。

Macからは「EverTwitteIt」で

@ttachiさんが使っているのを見て使い始めたポスト専用のTwitterクライアント
iTunesで聴いている音楽や見ているWebページの情報などさまざまなタイプのツイートができるのだが、これもぶっちゃけるとアートワークのTwitpicポストができるのがお気に入りで愛用している。

EverTwitteIt

メニューバーからすぐに使えるところも魅力。
Twitterの公式写真投稿サービスにも対応してくれるともっと嬉しい。

3.2 外部サービスの利用

foursquareをはじめとしてTwitterに同時共有ができるアプリについては非公開アカウントと連携してログが残せるようにしている。

また、前回使い始めたiftttを使って「FlickrからTwitter」などできるだけのログをTwitterに集約している。対応サービスも多くないので「miil→Twitter→Flickr」などTwitterを間に噛ませることも多い。

ifttt / Put the internet to work for you.

コレさえあれば食事記録はバッチリ!![iPhone]食事を撮影・共有・記録するアプリ「miil」

3.3. 「見る」は「Momento」で

PCよりもiPhoneのほうが手近にあるのでiPhoneでは見たいときにiPhoneアプリ「Momento」で見られるようにしている。Flickrなどの外部サービスのフィードもいっしょに見られるスグレモノ。
いままで使い方がイマイチわからなかったアプリだけど、このためのアプリだったのか。
Twitterの公式写真投稿サービスの写真もサムネイル表示に対応するともっと便利になると思う。

Liflog2twitter001
実際の画面。Flickrとも絡ませるとより見やすくなるとのことで早速実践。

miilにポストされたグルメ情報を写真付きでちゃっかりFlickrにも保存する方法!

またツイートだけサッと見たいときはライフログ専用のクライアントとして「TweetList」現在使用中。「通知が機能がない」以外はカンペキだけど誰もフォローしてないアカウントならそんなの関係ないよねっ
TweetList Pro - Twitter Client - Zooble, LLC
TweetList Pro – Twitter Client 2.9.0

価格: ¥250 (記事公開時)
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
App Storeで詳細を見る。

私がTweetListを使い続ける理由 -アップデートで生まれ変わるTweetList-

3.4. シメは「ツイエバ」でEvernoteへ(保存)

前も書きましたが、「すべての道はevernoteへ」がモットーな私。
ツイエバを使ってTwitterに集約したライフログをEvernoteに入れている。

ツイエバ – twitterをevernoteへ

後日見たいときはMacからはEvernote。iPhoneからはMomentoやWithEverなど。
withEver - e73developer
withEver 1.6

価格: ¥85 (記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化
App Storeで詳細を見る。

けっこう万全の布陣のつもり。

おわりに

Evernoteに今までは「PostEverのノート」と「ライフログ用のTwitterのノート」が日に2枚ずつ増えていたのが1枚で回るようになりました。どうしてもっと早くやらなかったのだろう。

Twitterは外部サービスとの連携も然り、ライフログにぴったりなサービスだと思う。

Categories:
Tags: ,
記事が気に入ったらシェアお願いします!